フリーエンジニアの案件・求人情報サイト【テックビズ】

資格を持っていると、有利?!


お仕事を探されている方のなかには、「何か資格があれば、仕事が決まりやすいのでは?」「フリーランスとしてやっていくには、資格が必要なのでは?」と考えている方もいるのではないでしょうか。
実際はどうなのでしょうか? テックビズを介して、フリーランスとして働くエンジニアの方々に、実体験を聞いてみました!

 

―有資格≒即戦力とは限らない―
こちらは、IT業界のエンジニアに限らず、多くの職種に言えることかもしれませんが、「有資格≒即戦力とは限らない」ということ。現役で活躍している人は、資格は最低限しか持っていないことも多いそうです。
そのため、採用担当者も資格がある人を探しているわけでなく、募集業務の内容に対して、応募者の経験やスキルが見合ってるかとことを重要視します。

 

―経験や実績・アウトプットや人柄などをアピール―
それでは、実際に案件に応募や面談を受ける際、何をアピールすれば、いいのでしょうか。

何よりも、経験や実績、そして人柄をアピールするのが重要です。

経験や実績というのは言わずもがなですが、仕事として経験や実績がなくても、プライベートで作成したアプリや仲間内で開催している勉強会など、自主的に行っている活動があれば、アピールポイントになりえます!
さらに、人柄というのはどういうことなのでしょうか。
フリーランスで仕事をするとしても、チームに属したり、誰かとコミュニケーションを取って仕事を進めていくことは避けては通れません。そのため採用者は、現場に入っても円滑に業務を進めていくことが出来る人なのか、様々な人と協力して仕事を出来る人なのか、面談等で判断しています。

 

―”有利”にはならないが、ITに関して概要としての勉強になる可能性あり―
しかしながら、資格がまったく役に立たないわけではありません。
資格取得のために勉強をすると、体系的に、ITに関する知識を学ぶことが出来ます。たとえば、基本情報資格者試験・応用情報資格者試験・ネットワークスペシャリストなどは、概要としての勉強になりえると、エンジニアの方からお話がありました。

 

 

ITフリーランスに、資格は必須ではない。

以上、見てきましたように、有資格だから絶対有利!というわけではないのです。
資格を取得するならば、その目的意識(どういう知識をつけたいのか、どう役立てたいのか)を持つ必要があるでしょうし、資格を取得しなくても、経験やアウトプットを増やしていくことで、自身のアピールポイントを充実させることができます。

資格がないから、経験が少ないからという理由で諦めないでください。一緒に、これからのキャリアを考えてみましょう。

 

テックビズでは、フリーランスのエンジニア(ITフリーランス)へのお仕事紹介を中心として、
フリーランスになることへの不安を解消するべく、決算・記帳代行サービスなど、様々な方面で皆さまをバックアップします。

少しでも興味を持った方は、お気軽にご相談・ご登録ください!