フリーエンジニアの案件・求人情報サイト【テックビズ】

フリーランスが収入を増やす方法

フリーランスで仕事をする大半の方が、得意なスキルを生かして仕事を受注したり、知り合いから紹介をいただいたりして収入を得ています。

経験年数が長くなればなるほどスキルも高まりより仕事も増える可能性が高まる一方で、同時にこなせる仕事量にも限りがあったりします。

特に自分自身で満足いくような仕事をする場合、受注しすぎることで自分の限界を超えてしまうこともあります。

稼ぎを増やしたいけれど、仕事を増やしすぎることができないジレンマを抱えている方もいらっしゃることでしょう。

そういった方に向けて今回は『投資』という観点の話をしていこうと思います。

【なぜ『投資』をするのか?】

リスクを冒して投資をすることに疑問を抱く方もいらっしゃるかと思います。

確かに長年かけて貯めてきた資産を投資によって数年で失うといった方が後を絶ちません。

ですがその一方で投資により時間も労力も使わずに資産を増やしている方がいることも事実です。

個人事業主で仕事の時間が足りない方にとっては投資で稼ぐ方法はぜひとも身につけておくべきスキルなのです。

投資で生活費以上を稼いで、「本業は本当に好きな仕事だけを受ける」といったスタイルで仕事することも十分可能になります。

【投資の種類】

それではどんな投資が向いているのかといったことを簡単にではありますがご説明していきます。

どういった投資をするか選ぶにあたって、判断基準になるのはどれだけの金額で投資できるのかといったことを目安に選択すると良いかと思います。

・資金:100~500万

この資金の方は株式投資、もしくはFXを投資として選ぶと良いかと思います。

理由としては少資金から投資できるからです。

株式投資であれば10万円から買うことができる会社も多いですし、FXであれば5万円あればほぼ全ての国の通貨を買うことができます。

投資はギャンブルではないので、
小さくテストマーケティングしていき
確実に勝てる方法を身につけることが
要になってきます。

そのため少資金からできる株式投資やFXが
入口としてはぴったりなわけです。

・資金:500万~5000万

この資金の方は中古の不動産を投資として選ぶと良いでしょう。

理由としては安定的な収入を手に入れることができるからです。

株式投資やFXと違って、借りてくれる人がつかないというリスクや物件の価値が下がるなどのリスクがありますが、

借り手が長く使ってくれる場合は安定的な収入が入ってくるので収入の見通しが立てやすいです。

また物件の価値が上がるといったことや銀行からの融資が受けやすくなるなどの付加価値もついてきます。

良い物件を選ぶにはコツが必要ですが、見つけることができれば安定収入が見込めます。

・資金:5000万~

この資金の方は安定した海外運用を選ぶと良いでしょう。

日本では安定運用といっても年利2%~3%ぐらいのものしかありませんが、海外で安定運用をした場合、年利8%~12%のものがけっこうあります。

ただしその場合、海外のHSBC銀行などで口座を作っておく必要が出てくるので実際に経験がある人といっしょに香港など行って作るのがいいでしょう。

運用の入金なども海外の口座で受けるため税金面でも有利になったりします。

マイナンバーが本格化する前に動ける方は動いたほうが良いかと思います。

【まとめ】

投資と一口に言ってもいろいろありますし、やり方を間違えてしまえば稼いだお金を失ってしまうリスクもあります。

正しい方法で行うことをおすすめします。

 

テックBizでは、フリーランスのエンジニア(ITフリーランス)へのお仕事紹介を中心として、
フリーランスになることへの不安を解消するべく、決算・記帳代行サービスなど、様々な方面で皆さまをバックアップします。

少しでも興味を持った方は、お気軽にご相談・ご登録ください!